スタッフブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

油性(溶剤)塗料と水性塗料の違いとは?  l 埼玉の大規模修繕専門店

塗装の豆知識 2022.07.19 (Tue) 更新

志木市、朝霞市、和光市、富士見市、ふじみ野市の皆様こんにちは!

大規模修繕工事専門店『修繕計画』にて、ブログを担当している萩谷です。

 

見積もりの際、塗料を水性にするか、油性(溶剤)にするか?悩まれた事ございませんか?

でも正直違いがわからないし、選ぶのが難しい…そんな経験があると思います。

 

その為今回のブログでは、油性(溶剤)塗料と水性塗料の違いに対してお話をさせていただきます。

 

1.油性(溶剤)塗料と水性塗料の違いとは?

  外壁塗料は、色の成分である『顔料』、耐久性の役割を持つ『樹脂』、つやなどの機能を付加する『添加物』で形成されています。

 この3つの成分は個体で出来ている為、液体で溶かし、溶かした液体が混ざりあう事で外壁塗料となります。

 この時に溶かす液体がシンナーなどの溶剤であれば『油性(溶剤)塗料』、水であれば『水性塗料』に分類されます。

 

 

2.油性(溶剤)塗料とは?

   油性(溶剤)塗料を塗装する際に使用する有機溶剤(シンナーなど)は、他の物質を溶かす為の物質ですので、

  人体にとっても非常に危険な物資となります。

  その為、労働災害を防止する為に、『有機溶剤作業主任者』の資格を持つ人物を現場に配置し、

  決められた危険での健康診断を行うように厚生労働省が定められています。

 

 『溶剤と弱溶剤の違いとは?』 

   油性塗料は使用する溶剤の希釈の違いで『溶剤(強溶剤)』と『弱溶剤』に分かれています。現在強溶剤の塗料に関しては、

  外壁塗装における環境問題や人体への被害を減らす為、国で『VOC削減』と言った理念を掲げております。

  ※VOC=揮発性有機化合物(シンナー)

  環境や人にも有害な強溶剤塗料は出来るだけ使わない方がよい。という事で、各社メーカーは溶剤塗料を進化させ、

  弱いシンナーでも溶ける塗料『弱溶剤塗料』を開発しました。

   弱溶剤塗料は、『塗料用シンナー』と呼ばれる、刺激が少ないシンナーを使用する事で、シンナー特有の匂いも少なくなり、

  人体や環境への害も少なくなっています。

 

 

3.水性塗料とは?

  国によるVOC削減の理念を受け、さらに環境に良い塗料の開発が進み登場したのが、『水性塗料』です。

 水性塗料はシンナーを一切使用せず、水を使って希釈する為、油性(溶剤)塗料に比べると大幅なVOC削減効果があります。

 水性塗料はシンナーを使わないから嫌な匂いがしない。と思われがちですが、水性塗料でも無臭ではありません。

 理由としては、塗料を安定させる為に若干のVOCが使われており、匂いもある為、十分に換気がされた環境で使用する必要があります。

 

 

4.油性(溶剤)塗料と水性塗料のメリット・デメリット

 『油性塗料』

  【メリット】

  ・耐久性が高い傾向がある

  ・艶を維持しやすく、汚れがつかない時期が長い

  ・低温でも乾燥しやすい

  【デメリット】

  ・塗装時の匂いが強い

  ・水性に比べ値段が高い

 

 『水性塗料』

  【メリット】

  ・塗装時の匂いが少ない

  ・有機溶剤の害が少ない

  ・価格が若干安い

  【デメリット】

  ・油性(溶剤)塗料に比べ若干耐久性に劣る

  ・塗装できない下地が多い

  ・艶が若干落ちやすい

 

 

5.結論!油性(溶剤)塗料、水性塗料どちらを選んだらいいの?

   ご覧いただいた通り、油性(溶剤)塗料と水性塗料の違いは現在ほとんどなくなってきています。

  この記事を書くにあたり改めてメーカーに確認をしましたが、油性(溶剤)塗料と水性塗料の違いはほとんどありません。

  との回答でした。

  しかし、水性塗料では対応できない下地もありますのが、今後も開発が進めればそのような問題も解決していく事でしょう。

 

『結論は?』

 実際に建物の津往査をおこなった業者に確認するべし!

 油性(溶剤)塗料、水性塗料どちらが適切なのか?に関しては建物の素材、劣化状況など総合的な判断を行わなければいけません。

 調査が終わった段階で、どちらの塗料がいいのか?を業者に確認し、その上で、油性(溶剤)塗料を使うのか?水性塗料を使うのか?

 を検討して出た塗料が建物に最も適した塗料と言えるでしょう。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

いかがでしょうか。

今回は油性(溶剤)塗料と水性塗料の違いに関してお話しさせていただきました。

何より大切な事はオーナー様はお持ちの物件に対して親身になって調査をしてくれる業者を選ぶ事です。

 

それでは次回のブログでお会いしましょう!

 

 


修繕計画では、マンション・アパートの診断、劣化報告、お見積りまで無料で行っております。

下記に当てはまる方や、お悩みがある方は、お気軽にお問い合わせください。

 ☑建物の劣化状況が気になる方

 ☑初めての大規模修繕で進め方がわからない方

 ☑どこの業者がいいのかわからずお悩みの方

 ☑入居率が下がっているけど、打ち手がわからない

 ☑他社で見積を取ったが、高いのでイマイチ踏み出せない

 ☑そもそも予算がなく、大規模修繕ができずに困っている方

 

▼朝霞市・新座市・和光市・志木市で累計施工実績6,000件!施工事例公開中!

 朝霞市のマンション・アパート施工事例はこちら

 志木市のマンション・アパート施工事例はこちら

 

▼大規模修繕の適正相場、価格でお悩みの方はこちら

 価格がわかりやすい商品メニューページはこちら

 

大規模修繕について詳しく知りたいなら

 埼玉県南地域初!ショールームはこちら

 

顧客満足度No,1を獲得し続ける修繕計画スタッフはこちら!

 スタッフ紹介はこちら

 

大規模修繕の情報をチェックしたい方はこちら!

 セミナーページはこちら

 

外壁塗装工事&防水工事などの修繕について少しでもお悩みの方はこちら!

 無料見積り・無料診断の依頼はこちら

 

#朝霞市 #志木市 #新座市 #大規模修繕 #防水工事 #雨漏り #足場 #外壁塗装 #塗装